プラスなプレス:勝手に研究会

目次

【魅力的な人研究】大竹市を女子目線で町づくりのPiNECoNeSさん vol1

【魅力的な人研究】大竹市を女子目線で町づくりのPiNECoNeSさん vol1

 

私の個人研究は、魅力的な人物というざっくりとしたくくりですが、

何かを始めたり、モノづくりをしたり、自己発信したり、人々を巻き込んだりして、

この人すごいなぁと直感で感じる方のお話を聞いてみたいと思います。

前回はコチラ。のほほんうさぎの週末ごはんの山口洋子さん。

 

今回は、2回にわたって、大竹市を女子目線で町づくり PiNECoNeS(パインコーンズ)さんのお話を

ご紹介します。

 

まずは、このかわいい「おおたけぐるりmap」をご覧ください。

 

gururimap1.JPG

 これは、PiNECoNeSのメンバー、6名が、大竹駅、玖波駅を中心に、地元のお店やスポットを

取材し、マップにしてご紹介されたものです。

 

中を開くと、大竹中心部・沿岸部地区と栗谷・松ヶ原地区のお店情報が写真入りで掲載。

よく見ると、何気ない普通のお店や商店もあるのですが

写真の撮り方、紹介コメントのうまさで、とってもこじゃれた雰囲気に見えてるのが、不思議!

gururimap2.JPG

 裏面は、mapになっていて、紹介された店舗の場所が一目瞭然。

gururimap3.JPG

こんなかわいいMAPなら、手に取ってじっと見ていると、大竹に遊びに行ってみたくなることでしょう。

 

このマップを制作したPiNECoNEsの代表、藤井ちえさんとは、実は15年くらい前からの

お知り合い。

その彼女が、仲間と共にPiNECoNeSを立ち上げ、大竹ぐるりMAPを作ったり、イベントを行って、たくさんの人を大竹市に集めて活気を作っていらっしゃいます。

まずは、どんな経緯でこの活動が始まったのかを聞いてみました。

 

■PiNECoNEsをたちあげたきっかけは?

もともと結婚して間もなくは、草津新町2丁目に住んでおられた藤井さん。

生まれたばかりの息子さんの育児、子育てをしながら、何かできることがないかなと

思っていたところ、ハーストーリィのメンバー募集のチラシを見て、登録。

在宅でのお仕事(当時データ入力などがありました)を受けたり、また

お茶会、交流会を通じて、同世代の女性たちと知り合って、子育て時期を

将来の準備期間として充実させることができていたそうです。

 

その後、ご主人のご実家の大竹市にうつった藤井さん。

ご近所はご実家の親戚が多く、知った友達もいないし、とてもアウェイな感じがしていたそう。

その時、ご実家の藤井の嫁だけではない、自分自身が表現できないかと

もんもんとしていたそうです。

 

そんな藤井さんを動かすきっかけが、あるイベントでした。

 

2011年2月6日、宮島口で開かれた「海を愉しむ雑貨市」です。

http://www.hs-plus.jp/event/2011/02/26.html

宮島口の活性化を目的に、ハーストーリィプラスも佐藤社長が中心になって

携わったイベント。

宮島口の小さなイベントスペースに、たくさんの方が集まられ

のんびり楽しそうに過ごしている雰囲気を見て、藤井さんもその空間がとても

気に入ったそうです。気が付いたら、ずーっとそのイベントにいたそう。

こんなイベントが、大竹市でもできたらいいのに。。。

そう思った藤井さんは、そこから思いつきました。

 

大竹にゆかりのある作家さんの作品や雑貨屋さんのものがあつまる

マルシェの様なイベントをしたい!

 

そのイベントを、「デアイマルシェ」と名付け、賛同する仲間が一人、二人と増えて

デアイマルシェ実行委員会の発足へ。

 

デアイマルシェは、2011年10月10日に、第1回目を開催。

大竹市にある、zakka+cafe UPHILLに、900人もの人を集めたそうです。

そのイベントが1回で終わるのがもったいないと感じた藤井さん。

その後、デアイマルシェ実行委員会が、PiNECoNeSという名前に代わって、そのまま

活動を継続されることになったんだそうです。

 

■PiNECoNeSの活動について

PiNECoNeSは、大竹市松ヶ原に事務所を構え定期的にミーティングを行って

いろんな企画をされています。

 

●2011年10月zakka+cafe UPHILLで900人のお客さまを呼んだ「デアイマルシェ」を原点にしてデアイマルシェ運営事務局からPiNECoNeS発足。

 

●PiNECoNeS発足記念イベント

「森ヨガ。森かふぇ?体にイイコト。体にイイモノ。?」第1回 2012年4月13日開催

第2回目は、2013年4月20日開催決定!

 

おおたけぐるりmap 2012年9月10日完成!

 

大竹市にゆかりのある雑貨作家にこだわった雑貨市「デアイマルシェ」 2012年10月8日開催

旧大竹市立松ヶ原小学校にて開催 2500名の集客。

 

PiNEなお茶会第1回 2013年1月17日開催。

 

9人の作家のランチクロスとポットマット展 2013年3月30・31日開催

 

来週、3月30日31日は、9人の作家のランチクロスとポットマット展が開かれますので

ぜひ、伺ってご紹介記事にしたいと思っています。

当日は、参加店舗のランチBOXの予約販売や、(すでに予約終了になっていました)

人気のショップ、森のベーグル団さんにもイベント参加交渉をしてきたりと

自分たちの足で集めた情報やショップ参加を

イベントで実現されています。

 

PiNECoNeSの活動に関する思いや、イベントの企画、今までの活動報告は

PiNECoNeSのHPにとても上手にまとめられていますので

ぜひご覧ください。

http://www.pine-cones.org/index.html

 

 

■PiNECoNeS、藤井さんの活動のルーツとつながる、ハーストーリィプラス??

 

2月、ぐるりおおたけmapを持参で、ハーストーリィハウスにて

お話を聞かせてくださった代表の藤井さん。

ハウスのランチをスマホで撮影中。

 

chieF1.JPG

 いやいや、撮らないでくださいよー!という瞬間の藤井さん。

手がかぶっちゃった。

chieF2.JPG

 

 藤井さんのすごいところは、おおたけぐるりmapをお店におかせてくださいと交渉し

OKだったところの情報を

「おおたけぐるりmap 設置店のご紹介!」とPiNECoNeSのフェイスブックできちんと

ご紹介をされていることです。

chieF3.JPG

 

この時撮影されていたランチの画像を使って、ハーストーリィハウスのご紹介とともに

設置店として、ご案内されていました。

 

PiNEなお茶会について

藤井さんが赤ちゃんを育てていたころ、ハーストーリィの交流会に参加して

いろんな人との交流が子育て時期によくある閉塞感を感じさせることなく

アクティブにすごせることにつながり、本当によかったと感じておられ

次の世代に今度は自分たちが、お手伝いしたいという発想から開催したんですよと

お聞きしました。

海を愉しむ雑貨市のイベントが、デアイマルシェのヒントになったことも含めて、

藤井さんのアクティブな活動のルーツに

ハーストーリィプラスのイベントや、プラスの源流、ハーストーリィ時代の活動があったとお聞きして

うれしくうれしく思いいました。

 

PiNECoNeSのメンバーは、6名

そのうち、代表藤井さん、寺下さん、河野さんの3名にはお会いしまして

名刺いただきました!

残る3名にも、次回ポットマット展でお会いできればうれしいなぁと思います。

 

最後に、

PiNECoNeSの魅力のいくつかとあげてみたいと思います。

 

1.藤井さんを中心に、6名全員が、それぞれの持ち場というか

特技を生かしていらっしゃること。

 

2.女子目線で・・と銘打っておられるように、女性が、女子がワクワクするような

企画性をもっていること。おしゃれ感をもっていること。

 

3.デザインがとてもかわいらしくビジュアルが多くの女性の共感を得やすいこと。

 

4.自分たちで創り、自分たちの足で情報を集め、広げ、広報をしておられ

その動きのおかげで、人とのつながりがアメーバーのように広がって

大竹市内外から注目を浴びる活動になっていること。

 

次の週末の、ランチクロスとポットマット展を楽しみにしています。

 

fuku

 

2013年03月25日
ライフスタイル研究会魅力的な人研究コメント(0)
コメントする
名前:
電子メール:
URL:
コメント:
スタッフ紹介

ブログ内検索

コメント

Herstory Plusの
オススメサイト

  • だしをとった後の昆布、どうするの?
  • まるごと旬野菜!
  • リメンバーしまね
  • 奥出雲ごこち
  • HerstoryHouse
Facebook